2010年4月4日日曜日

D-subとは

D-sub(D-subminiature)




コンピュータと周辺機器を、接続するために、よく使われるコネクタの1種。

9pin、15pin、25pinといった、ピン数のものがあります。

9pin(D-sub9ピン)は、RS-232Cなどのシリアルポートとして使われ、モデムなどを接続しますが、接続できる周辺機器が減り、ついていないパソコンが増えています。

15pin(D-sub15ピン)は、アナログディスプレイをつなぐために使われ、VGA端子ともいわれます。

25pin(D-sub25ピン)は、以前はプリンタをつなぐためによく使われていましたが、USB接続の製品が増えたので、使われなくなってきました。
人気ブログランキングへ