2010年2月13日土曜日

チップセットとは

チップセット(Chipset)




CPUと周辺機器とのデータのやり取りやメモリ、周辺機器のインターフェースなどの制御をおこなうチップ(集積回路、LSI)のこと。

ATXフォームファクターでは、メモリとのデータ伝送やAGPの制御などを行うノースブリッジとPCIバス、SATAなどのインターフェースを制御するサウスブリッジと呼ばれる、2種類のチップセットがあったりします。(2つのチップセットの機能を1つにまとめたものもあります。)

MicoATXフォームファクターでは、オンボードグラフィック機能も含めた、1つのチップセットが搭載されているのが一般的です。

チップセットにより、使えるCPUやメモリなどの種類が決まります。(BIOSのアップデートにより変わることもありますが)

また、SLIやCrossFireといった機能を使えるかどうかも、チップセットの種類によって異なります。
人気ブログランキングへ