2010年1月21日木曜日

CPUクーラーとは

CPUクーラー(CPU Cooler)




CPUを冷やすための装置。

CPUは、動作中かなり発熱します。

しかし、CPUは熱に弱く、あまり高温には耐えられません。

高温になりすぎると、動作停止したり、焼損したりします。

このため、CPUの動作中に、CPUの温度が高くなりすぎないように、冷却する装置が必要で、それがCPUクーラーです。

CPUクーラーは、空冷の場合、放熱用のヒートシンクやファンなどで構成されます。

ヒートシンクやファンが大きいものほど、冷却性能が高いといえます。

CPUに標準で付いてくるものや、オーバークロックなど高温になりやすい時に使う、サードパーティ製のものがあります。

また、水冷のものもありますが、ポンプやラジエータなどの装置を必要としますので、それなりのスペースを必要とし、価格も空冷に比べて高価ですが、静音性が高くなります。
人気ブログランキングへ