2010年1月10日日曜日

メールサーバとは

メールサーバ(Mail Server)




ネットワーク上で、ユーザのメール送受信の仲介を行うサーバのこと。

メール送信は、ユーザのパソコンから送られたメールを、メールサーバが受け取り、受け取ったメールの送り先アドレスから割り出した、相手ユーザの使っているメールサーバへ転送します。

メール受信は、送り主の使っているメールサーバから転送されてきたメールを、メールサーバが受け取って保管し、ユーザが受信操作をするとメールを配送します。

メールサーバは、送信時はSMTP、受信時はPOP3、IMAPといったプロトコルを使います。

プロトコルごとに、それぞれSMTPサーバ、POP3サーバ、IMAPサーバと呼び、送受信できるサーバをメールサーバといいます。

メールソフトでは、メールサーバの使っているプロトコルを使用するという設定を行います。

インターネットでは、ユーザはメール送信時の転送に、どのメールサーバでも使えるようにしていましたが、迷惑メールが増えた現在では、そのメールサーバのあるプロバイダのユーザまたはレンタルサーバのユーザのみ使えるように設定されてきています。

そのため、ホテルなど外出先で、自分の使っているプロバイダとは違うプロバイダからインターネットに接続しているパソコンを使うと、メールの送信ができないということがあります。

メールの受信は、アカウントが必要となっていますから、外出先からでもできるようになっています。

送信も、アカウントを使ってユーザ認証をするメールサーバであれば、外出先からでもできます。
人気ブログランキングへ