2010年1月5日火曜日

電子メールとは

電子メール(Electronic Mail)




ネットワークを使って、メッセージ交換をするためのシステム。

メール、Eメールとも呼ばれます。

以前はパソコン通信やLANで使われていただけでしたが、インターネットの普及によって広く知られるようになりました。

電子メールを使うには、メールサーバというものが必要で、プロバイダやレンタルサーバで用意されています。

そのため、プロバイダと契約し、メールサーバを使えるようにして、メールアドレスを借りるのが一般的です。

あと電子メールをパソコンで送受信できるソフトが必要です。(電子メールソフト、電子メールクライアント、メーラーと呼ばれることがあります。)

電子メールソフトで電子メールを送受信するには、プロバイダから送られてくる設定内容に従って、ユーザアカウント、送信メールサーバ、受信メールサーバなどを設定する必要があります。

メールアドレスは、「abc@efg.com」というような形式で表されます。

「abc」の部分はユーザ名、「@」以降はドメイン名といい、「.com」の部分は「.jp」「.co.jp」「.net」などいろいろな種類があります。

プロバイダのメールサーバは、そのプロバイダへログインしてインターネットへ接続していないと利用できないので、ホテル、職場、ホットスポットなどからインターネットへ接続した場合、接続するプロバイダが自分の契約しているところと違えば、電子メールの受信はできても、送信はできないことがあります。(自分が契約しているプロバイダのメールサーバが、送信時にユーザ認証をするものであれば大丈夫です。)

レンタルサーバを契約して、電子メールを使えるようにした場合には、こういった心配はありません。

また迷惑メールへの受信設定ができますので、パソコンでで迷惑メールを受信しないですむように出来ます。(レンタルサーバによっては、迷惑メールを受信しないようにはできません。)

しかし、プロバイダ利用料のほかに、レンタルサーバの利用料が必要になりますので、コスト高になります。

これらとは別に、無料で電子メールサービスを提供している、フリーメールというものもあります。

ただフリーメールのアドレスは、メールソフトでは迷惑メール扱いになることがありますので注意してください。

受信してもゴミ箱に入ってしまい、相手が自分の送ったメールを受信したことに気づかないことがあります。
人気ブログランキングへ