2009年12月20日日曜日

デフラグとは

デフラグ(Defrag)




デフラグとは、デフラグメンテーション(Defragmentation)の略で、記憶装置に保存されているファイルや空き領域の断片化を解消することです。

ファイルの断片化とは、ファイルの保存・削除を繰り返すとおこります。

ファイルが断片化すると、記憶装置上にファイルデータが点在することになりますので、アクセスが遅くなり、断片化が多くなると、システムの速度がかなり遅く感じられるほどになったりします。

また、ディスクドライブでは、ファイルデータが点在すると、ヘッドの移動量が増えるため、寿命が縮まったりします。

OSのファイルシステムがファイルデータの管理に柔軟性を持つために、断片化は避けられない状況にありますので、アクセス速度が遅くなってきたらデフラグしてやる方がよいかもしれません。(デフラグには時間がかかりますので、頻繁には実行しにくいと思いますから)
人気ブログランキングへ