2009年12月19日土曜日

バックアップとは

バックアップ(Backup)




バックアップとは、ハードディスクなどの記憶装置に保存してあるデータのコピーを、別の記憶装置に保存しておくことです。

このコピーの方は、普段使用せずに、データ損失時のデータ復旧のために使います。

データ損失には、人為的なミス、記憶装置の破損等の原因があります。

これらの原因は、いつでも起こりうるものですから、被害を最小限に抑えるために、バックアップを取ることは非常に重要です。

ただし、バックアップには時間がかかりますので、データ更新量によって1日ごと、1週間ごとというように定期的に行うことになります。

そのため、バックアップ実行後更新されたデータの損失分は復旧できませんが、すべてを失くすより復旧は楽になります。
人気ブログランキングへ