2009年12月12日土曜日

電源とは

電源(PowerSupply)




パソコンを構成しているパーツや接続機器に電力を供給するパーツのこと。

配線はマザーボード、ハードディスクや光学ドライブなどに行います。

自作パーツとして種類の多いタイプはATX電源と言われ、それより小型のものにSFX電源といったものがあります。

消費電力の大きいパーツやたくさんのパーツを使われている場合、電源の容量が十分でないと不安定になったり、起動しなかったりします。
(必要なワット数の目安を計算できるサイトがあります。"電源電卓""電源用ワット数計算機"など)

最初に大きめのワット数の電源を選ばれておけば、パーツの増設をしても電源交換しなくて良かったりしますが、当然初期費用が高くなります。

そこで価格を調べると、同じワット数でもかなり差があります。

当然安い方がいいわけですが、その分品質は悪いということになります。

品質の悪いものは、パーツが動作しなかったり寿命が短かったりしますので、安定動作を求められる場合には価格の高いものの方が無難です。(アタリ・ハズレといった個体差はありますので、絶対正しいとは言えませんが)
人気ブログランキングへ